育毛対策はいつはじめると効果的なの?

抜け毛対策

成人男性の4人に1人は髪の毛の何らかの悩みを抱えています。

M字ハゲ、てっぺんハゲ、フケ・かゆみ、頭ニキビ。その悩みは人によって様々です。

「自分はまだ大丈夫かな?」その緩い気持ちが後々深刻な悩みに変わっていくのです。

ハゲは止まらない!育毛対策は今すぐはじめる!

男性の抜け毛の原因で1番多いのがAGA(男性型脱毛症)という病気です。男性特有の脱毛症で、ストレスによる円形脱毛や女性の出産後の脱毛とは違い、症状は徐々に悪化していきます。

はじめのうちは、「なんか最近抜け毛が多いなぁ」と思う程度でそんなに重要視しないのですが、その症状はおさまることなく続いていきます。

そして、次に気づいた時には確心します。「やべぇ俺ハゲはじめてる」と。

最初のうちは気づきにくいですし、まさか「自分が?」という気持ちでなかなか対策にとりかかることができません。

しかし、AGAの進行は何もしないでおくと、どんどん進行していくので対策をうつなら今すぐにでもはじめたほうがいいです。

自分の症状を確認して対策開始!

抜け毛にはいろいろな原因があります。

上記で説明したAGA以外にも脱毛症はいくつかあるので、対策をはじめるにまず自分の抜け毛がどんな症状なのかしっかり把握してから対策していきましょう!

ストレス性円形脱毛症

これは会社や学校の過度な精神的ストレスにより、500円玉ほどの範囲の毛が円形に抜け落ちてしまう脱毛症で、一過性のものが多いです。ストレスの元となる原因が解消されればゆっくりと改善していくようです。

しかし、重症化してしまうと多発してしまったり、治りにくくなってしまうことがあるようです。

脂漏性脱毛症

これは頭皮の皮脂が過剰に分泌され、毛穴に詰まってその周りが炎症を起こしてしまい毛が抜けてしてしまう脱毛症です。特徴としては肉眼みることができるほど、毛穴に皮脂が詰まっておりその周りが赤く炎症を起こしています。

普段使用しているシャンプーが頭皮に強い刺激を与えていることが考えられます。対策としては、刺激の少ないアミノ酸を主成分としたシャンプー等に変えて様子をみていくといいと思います。

痛みやかゆみがひどい場合はすぐに皮膚科の医師に診断を受けてください。

AGA(男性型脱毛症)

AGAは毛根の中の脱毛男性ホルモンが過剰な働きを起こしてしまい脱毛していきます。

対策としては男性ホルモンの抑制と頭皮への血行をよくすることが挙げられます。男性ホルモンは外部からの手助けがないと普段の生活からは抑制することができません。

育毛剤を使って毛根に直接働きかける方法がいちばん効果があるとされています。

頭皮の血行不良もAGAの原因のひとつですので、お風呂上がりなどで血行が良い時に頭皮のマッサージをするのも効果的です。

まとめ

AGAの場合は症状の緩和は長期化します。育毛剤を使ったから来月には毛が生えているというのはほぼありません。半年~1年くらいはみておいたほうがいいでしょう。

それ故に対策は早くからはじめたほうがいいのです。症状が重くなる分、症状の緩和に時間もかかりますし、重症化してしまっては髪の毛が生えてこなくなる場合もあります。

やるなら今からです!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加