育毛シャンプーと普通のシャンプーってどう違うの?

育毛シャンプー普通のシャンプー

市販されているシャンプーは誰でも使えるように開発されています。

しかし、それを使う私たちの髪の毛や頭皮の状態は様々です。

カラーリングで傷んだ髪、太く強い毛、フケ・かゆみで悩んでる、薄毛で細い髪、コシのない弱々しい髪、乾燥肌、脂症。

これだけ個人差のある髪質や頭皮に対して全て対応するのは不可能でしょう。薄毛に悩んでいる人や、髪の毛が細くなり始めてる人が市販のシャンプーを使い続けるのは危険です。

育毛シャンプーと市販のシャンプーの違いをここではっきりと理解し、薄毛になりにくい頭皮環境を整えていきましょう。

育毛シャンプーと普通のシャンプーはここが違う!

育毛シャンプーと普通のシャンプーでは弱った髪の毛にに対するやさしさが違います。何言ってるんだと言いたくなりますが、ちょっと聞いてください。

弱った髪の毛を作り出す、頭皮はもっと弱ってます。そこへやさしく働きかけてくれるのが育毛シャンプーです。普通のシャンプーは香りやコーティング力が重要視される傾向にあります。

普通のシャンプーの主成分は高級アルコール

シャンプーの成分をみるときに使うのが「洗浄基材」です。そのシャンプーに使われている洗浄基材の成分が何かによって、そのシャンプーのおおよその特徴がわかります。

大手メーカーから発売されている、シャンプーには大抵「高級アルコール」が使われています。

高級と聞くと高品質なように思いますが、ここでの高級とはアルコールに含まれる炭素の数が多いことを指します。炭素が多いと泡立ちがよく、いかにも汚れが落ちそうなイメージが湧きますね。

しかし、「アルコール」とはもちろん化学物質で肌に与える影響は大きいです。市販のシャンプーは他にも香料や保存料などが含まれており決してやさしいシャンプーとは言い難いです。

高級アルコールの洗浄力の強さは頭皮に必要な皮脂まで根こそぎ洗い流してしまいます。

頭皮は皮脂の薄い膜で覆われていて、外部からの雑菌や常在菌の繁殖を防ぐ役割があり、必要な皮脂まで取り除いてしまうと頭皮は外気に晒されてしまい、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

育毛シャンプーは頭皮にやさしい成分を配合

育毛シャンプーの洗浄基材は「アミノ酸」を使っていることが多いです。アミノ酸は髪の毛を構成するタンパク質の素となる成分です。皮膚や血管などもタンパク質からできており、頭皮との相性は抜群です!

市販のシャンプーのように必要な皮脂まで落としてしまうことはありません。もしあたなが薄毛やフケ・かゆみに悩んでいるなら育毛シャンプーを使うことをおすすめします。

育毛シャンプーには髪の毛を生やす効果はないものの、一定期間使用することで、清潔な強い頭皮を作り上げてくれます。

まとめ

市販のシャンプーは宣伝効果から、なにかとっておきの成分が配合されているのかと思いがちですが、ほとんどのシャンプーの洗浄基材は高級アルコールです。

高級アルコールは名前に似合わず安価であることから大量生産に向いているのです。シャンプーに関しては「安かろう悪かろう」判断していいと思います。

もしあなたが薄毛に悩んでおられるなら育毛シャンプーを使って頭皮のケアをしっかりしてあげましょう!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加