ハゲる原因はAGA(男性型脱毛症)にあるのか?遺伝だと諦める前にしておく大事なこととは?

AGA

「最近おでこの拡がりが気になるなぁ」とお悩みのあなたに一言。

あなたのそのおでこ、もしかしたら病気かもしれませんよ。早真に対策しないとそのおでこどんどん拡がっていきます。

AGAエージーエー(男性型脱毛症)という病気

AGAとは?

現在AGAの患者さんは全国で1,260万人います。男性の脱毛の原因でAGAの割合は非常に多いです。AGAの症状として、おでこの生え際からはじまる脱毛と、一般的にM字ハゲと呼ばれる脱毛、頭頂部が薄くなってくるてっぺんハゲが代表的な症例です。

AGAになりやすい人は?

AGAは30代~40代で症状が目立ってきますが、早い人だと20代からその症状が現れる場合もあります。

AGAには遺伝的な側面を持つほか、ストレスや食生活、加齢、生活習慣による原因もあると考えられています。薄毛の人が全てAGA患者なのかというとそうでもなく、ストレスによる円形脱毛症や、壮年性脱毛症などが原因の
薄毛もあります。

AGAになるとなぜ毛が抜けるの?

ここでAGAので髪の毛薄くなってしまうメカニズムを簡単に説明します。

薄毛になる1番の素は「男性ホルモン」です。男性ホルモンの中のテストステロンというホルモンが還元酵素である5αリダクターゼの働きにより、ジヒドテストステロン(DHT)というホルモン代謝されます。

この悪玉ホルモンが毛乳頭のなかで悪さをすることにより髪の毛の成長を阻害します。こうして髪の毛が育つサイクルを乱してしまい脱毛がはじまるのです。

ただ男性ホルモンは誰もが持っている大事なホルモンですので、ここで注目したいのは「5αリダクターゼ」という還元酵素の存在がAGAにとって重要な原因だと考えられています。

AGAは遺伝するってホント?

正確には遺伝しません。しかし、AGAになりやすい体質を遺伝してしまうことはあります。上述したようにAGAの一番の原因は5αリダクターゼです。

実はこの5αリダクターゼの分泌量が遺伝するのです。5αリダクターゼの分泌量が多いということは悪玉男性ホルモンであるジヒドテストステロン(DHT)の発生も多くなってしまうことになります。

このようなことからAGAは遺伝すると言われています。しかし、その遺伝の要因は全体の25%とされていて、残りのほとんどが生活習慣やストレス、食生活の影響によるものだとされています。

まとめ

AGAになってしまったからと言ってすぐに諦めてしまう必要はありません。主な原因である生活習慣の改善や食生活の見直しをすることで症状が緩和することも多いにあります。

他にも育毛剤などを使った対策やAGAの専門クリニックなどもあるのでまだまだ諦める必要はありません。

まずは悩まず、誰か信頼できる人に相談しましょう。意外にも多くの人が薄毛に悩んでいることがわかると思います。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加