冷え性で薄毛になるってホントなの?!冷え性改善でハゲを治す!

冷え性

冷え性は「低体温は万病のもと」とも言われるくらい健康に悪いです。もちろん髪の毛にもよくありません。

冷え性は体の末端部分にまでしっかりと血液が送られないことで起こる症状で、女性に多いとされていますが、男性でも多くの人が冷え性に悩んでいます。

冷え性と薄毛の関係

冷え性だとハゲる?

薄毛になってしまう原因には、AGA(男性型脱毛症)やストレス性円形脱毛、抗ガン剤などでの副作用など様々な原因がありますが、冷え性の人も薄毛になりやすい体質と言えます。

冷え性は基本的には、血液の流れが悪化することで起こるものとされていて手足など体の末端部分に、血液が行き渡りにくくなってしまうことで体温を保持することができなくなってしまうのです。

体の末端部分にはもちろん髪の毛も入っており、本来なら毛母細胞に直結する毛細血管に必要な栄養分を送らなければいけないのに、冷え性によりそれが不足してしまいます。

ただの冷え性とあなどってはいられませんね。冷え性も充分薄毛の原因と言えます。

冷え性になりやすい人

冷え性の人は女性に多いです。女性は生理や更年期などがあるのでホルモンのバランスが崩れやすく、出産を期に体質が変化してしまい冷え性に悩む人も多いそうです。

では、男性はどうでしょうか?男性にも冷え性に悩む人は多くいます。血の巡りが優れないと冷え性になりやすいですね。

肥満、運動不足、食べ過ぎ、飲み過ぎ、睡眠不足、精神的ストレスなど、男性が冷え性になりそうな原因はいくつもあり、上記のどれかひとつでもあてはまる人は冷え性になりやすい人かと思います。

冷え性を治す

冷え性が進行すると、体全体の血の流れが悪くなってしまい、頭皮への血液の流れも悪くなってしまいます。そういった状態では髪の毛へ充分な栄養分が送られず、薄毛は進行していきます。

育毛シャンプーなどの検討をする前にあなたの体質から見直したほうがいいかもしれません。

冷え性を治す方法は、基本的には冷え性になってしまう原因の反対のことをするといいかと思います。

  • 運動をしていない人は→ウォーキングなど適度な運動をする
  • 冷房を効かせすぎ→夏は最低でも25度くらいまでにしておく
  • お風呂はシャワー→夏でも湯船につかり体の芯を温める
  • ついついお酒を飲み過ぎてしまう→べろべろになるほどお酒を飲まない

まとめ

冷え性の原因と対策は表裏一体のような関係にあります。体質を変えるのはなかなか難しいです。長い時間かけて習慣化された癖のような慣れを崩していくのは根気のいる作業になります。

まずはひとつずつ改善していければいいのではないでしょうか。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加