ハゲてしまう原因は紫外線を受け続けたせいかも?

紫外線

毎年5月頃から紫外線が強くなってくるのはご存じでしょうか?

夏の強い日差しの数ヶ月前から紫外線は強くなってくるのです。紫外線を浴び続けると肌が軽いやけどを起こし赤くヒリヒリしてきます。これが日焼けですね。

日焼けは腕や背中だけでなくもちろん頭皮も日焼けします。

紫外線が頭皮に与える影響

人間の体で一番紫外線の影響を受けるのは頭皮といっても過言ではありません。太陽に一番近いのは頭のてっぺんですし、日焼け止めクリームを塗れないのも頭皮だからです。

頭皮でも夏の強い日差しに当たれば日焼けしますが、一般的な症状は肌が赤くなり、ヒリヒリしてきて数日後に頭皮の皮がペラペラとめくれてきます。皮がめくれても、また新しい皮が頭皮を覆うので問題ないのですが、もっと恐ろしいのは、頭皮の内部で起こっている細胞レベルの問題です。

強い紫外線は頭皮を突き抜け、毛母細胞にまで達します。紫外線の影響で再生できなほどのダメージ受けた細胞部分からは、もう髪の毛が生えてくることはありません。

強い紫外線を受け続けることは薄毛になるリスクを大いに兼ね備えています。

頭皮への紫外線は悪循環

紫外線浴び続けた頭皮は軽い炎症を起こし角質がめくれてしまうこともあります。角質がめくれた頭皮は乾燥しカサカサ状態になります。

そのカサカサ状態を修復すべく皮脂が分泌されます。紫外線を浴び続けてしまうとカサカサ状態が続いてしまい、皮脂の分泌が過剰になり、頭皮が脂症のような状態になってしまいます。

余分な皮脂は髪の毛の成長を阻害する要因となってしまいます。

効果的な紫外線対策は?

紫外線からのダメージを受けてしまった頭皮は、修復する薬はいまのところありません。傷んだ頭皮の回復を待つことしかできないのです。

そのためダメージを受けないよう、未然防止策が必要になってきます。対策はいたってシンプルで帽子などを被り、直接日光を受けないようにすること。また、日中の外出は避け、少し涼しくなってくる夕方から外出することを心掛けましょう。

頭皮には保湿クリームや日焼けクリームなどは使えませんので、効果的な対策というという面では、上記のような対策がいちばん有効と言えます。

まとめ

紫外線が強いのはギラギラした太陽の下という感じがしますが、曇り空でも充分に紫外線を浴びてしまいます。

紫外線は脱毛、抜け毛の原因になることがありますので、夏の間強い日差しを直接頭皮に当てないよう心掛けてくださいね。

薄毛に悩む男性なら、頭皮の環境を整えて、頭皮に決して無理をさせないように注意してください!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加