シャンプーでハゲる?男性用シャンプーが頭皮に悪い2つのポイント

男性用シャンプー

「湯シャン」という言葉を聞いたことがありますか?

これはシャンプーなどの洗浄剤を一切使わず、ぬるいシャワーのお湯だけで髪の毛を洗うやり方です。

では、何のためにそんなことするのか分かりますか?

シャンプーの洗浄成分が必要な皮脂まで根こそぎ除去する

シャンプーには男性用と女性用があります。あなたは男性用のシャンプーを使っていますよね。そもそもそこが危険なんです。

男性用のシャンプーで昔から使われているのが「トニック系」の洗髪後頭皮がスッーっとするやつです。実は男性用のシャンプーってめちゃくちゃ強い洗浄成分が配合されています。

そこまで強い薬品いらないでしょってくらい強い成分を使ってます。この強すぎる洗浄力で頭皮の必要な皮脂まで根こそぎ取り除いてしまうのです。

皮脂の重要性

皮脂は出過ぎても少なすぎてもいけません。上記のような男性用のシャンプーで髪の毛を洗った場合は皮脂が少なすぎる状態だと言ってよいでしょう。

頭皮の皮脂には重要な役割が2つあります。一つは皮脂は汗と脂が混ざってできており、頭皮の表面に薄い膜状になり、水分の蒸発を抑えます。もう一つは細菌などの感染予防の役割を果たします。薄い膜」を張ることで外部からの細菌の侵入を防いでくれるのです。

皮脂は決して頭皮から根こそぎ除去していいものではありません。強い男性用のシャンプーを使用している方は今すぐに使うのをやめてくださいね!

洗髪は1日1回で充分

夏場などで汗をかいたといって、昼間にシャワーを浴びシャンプーで頭皮の汚れを取り清潔でイイ匂いにしますよね。で、夜もう一度お風呂に入り今度が念入りに一日の汚れをシャンプーで落とします。

実はこれもあまりおすすめできる行為ではありません。

市販のシャンプーは主となる成分がアルコールでできています。これは頭皮の汚れをしっかり取り除く目的で使用されているのですが、そもそもそれがハゲには厳しいです。

頭皮に張り巡らされた皮脂の膜はシャンプーの成分で簡単に溶かされてしまいます。皮脂がなくなった頭皮は夏でも乾燥してしまい、カサカサ肌になり髪の毛が抜けやすい状態になってしまいます。

シャンプーで頭を洗うのは1日1回で充分です。それ以上は頭皮の環境を悪化させるだけです。

まとめ

シャンプーは使いすぎると頭皮の皮脂を取りすぎてしまうだけでなく、毛穴の奥に入り込んでしまい、髪の毛が生えてくるのを阻害してしまいます。

薄毛に悩む男性の中で、若い頃はトニック系のシャンプーでゴシゴシ頭を洗ってたという人多いんじゃないでしょうか。その頃のダメージが今になって現れてきたということになりそうですね。

「湯シャン」でも充分汚れや余分な皮脂を取り除くことができます。あまり臭い等を気にしないのであれば、湯シャンとシャンプー洗浄を1日おきにやってみてもいいかもしれませんね。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加