ハゲは何をやってもムダ?男性ホルモン「テストステロン」が原因だった

テストステロン

M字ハゲ、てっぺんハゲの元となる原因は私たちの体内から分泌される男性ホルモンの影響が大きいとされています。

男性ホルモンというのは男性が男らしい身体を保っていくために必要な分泌液です。その中の一つが「テストステロン」で、テストステロンは薄毛や脱毛に深く関わっています。

テストステロンの主な役割

テストステロンとは男性的なホルモンです。攻撃的な感情や闘争心が燃えている時には体内で大量のテストステロンが分泌されています。

ある実験では大学生に銃を持たせた後の唾液を採取したところ、普段の100倍以上のテストステロンを検出したといいます。

このようにテストステロンにはいかにも男らしい行動を取った時に分泌される男性ホルモンなのです。

テストステロンはハゲとは関係ない

テストステロンは男らしさを保つための男性ホルモンであって、ハゲとは直接的には関係ありません。

ハゲと関係があるのは、「5αリダクターゼ」という還元酵素です。

5αリダクターゼが頭皮の毛乳頭細胞内でテストステロンと還元することで「ジヒドテストステロン(DHT)」が代謝されま。このDHTが髪の毛の育毛サイクルを狂わせ、脱毛、薄毛の原因となっていくのです。

簡潔に説明するなら、毛乳頭の中で「テストステロン」という男性ホルモンが、5αリダクターゼとくっついて、「ジヒドテストステロンDHT」が作られ、ハゲる。こんな仕組みになっているのです。

ハゲに直接的に関係があるのは、5αリダクターゼの分泌させる量にあります。

ハゲの遺伝とテストステロンの関わり

ハゲの遺伝に深く関わっているのがは「テストステロン」ではなく5αリダクターゼのです。テストステロンは男性ホルモンであって人間誰しもが持っているものです。

しかし、5αリダクターゼの分泌量には個人差があり、その分泌量(多いか少ないか)には遺伝する傾向があります。

  • 5αリダクターゼの分泌量が多い → ハゲやすい
  • 5αリダクターゼの分泌量が少ない → ハゲいくい

上記のような関係性がみられます。5αリダクターゼが分泌量される量が多いということは、その分脱毛を阻害するジヒドテストステロン(DHT)を代謝される量も増えるということです。

たまに聞いたことありませんか?「ハゲてる人は男性ホルモンが活発で、男らしい人が多い」←聞いたことないですよね(笑

これ合ってるようで合ってないんですよね。男らしさは男性ホルモンの役割なので、ハゲる原因ではありません。

まとめ

確かにテストステロンは、他の分泌液(5αリダクターゼ)とくっつくことで悪玉成長ホルモンとなりますが、テストステロン自体が悪いのではなく5αリダクターゼが悪さをするのです。

現在売られている「育毛剤」や「育毛サプリメント」などが作用しているターゲットは、「5αリダクターゼの働きを阻害する」ものが一般的なのです。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加