育毛剤「デュタステリド」の副作用は深刻!男性らしさが抜け落ちる?

デュタステリド

デュタステリドとは「前立腺肥大」の治療薬に含まれる成分名です。しかし、この薬なぜかAGAで薄くなった髪の毛にも効くんです。

それはにデュタステリドが作用する体内のある物質に秘密があります。

デュタステリドの効果と作用のポイント

デュタステリドの効果

デュタステリドが含まれる薬剤として有名なのが、「アボルブ」です。この薬は本来「前立腺肥大」の治療に当てられた薬なのですが、前述したようにAGA(男性型脱毛症)の治療に使われることがあります。

前立腺肥大の原因とされる物質もAGAの原因となる物質も、実は同じ悪玉男性ホルモンが原因となっていると考えられています。

その悪玉男性ホルモンの発生を間接的に抑制するのがデュタステリドなのです。AGAの男性がデュタステリドを継続して服用することで、少しずつ薄毛が目立たなくなってきたという事例も少なくありません。

AGAの作用ポイント

ではどうやって、デュタステリドが悪玉ホルモンの抑制を図っているのか説明します。ここを理解しているかどうかで、薬を服用中に体内で起こっている反応がイメージできるので、もしかしたらさらに効果が高まるかもしれません。

デュタステリドは5α還元酵素の阻害薬として知られています。5α還元酵素とは毛母細胞中に存在し、男性ホルモンであるテストステロンと結合します。

この結合によって悪玉男性ホルモン「ジヒドテストステロン(DHT)」が生成されるのです。

デュタステリドの作用するポイントは5α還元酵素の働きを弱めることで、男性ホルモン(テストステロン)との結合を抑制し悪玉男性ホルモン「ジヒドテストステロン(DHT)」の生成を阻害するのです。

「ハゲ」は遺伝するの?

昔から親がハゲてるから俺もハゲるとか、隔世遺伝で祖父がハゲてれば間違いなく俺も・・・などと言われてきましたが厳密には違うのです。

ハゲ自体が遺伝するのではなく、ハゲやすい体質が遺伝するのです。

前述した5α還元酵素の話に戻りますが、ハゲやすい体質というのは5α還元酵素の働きが活発であったり、5α還元酵素の母数が多いということになります。

遺伝するのはこの部分です。ハゲが遺伝するのは5α還元酵素の量や働きが遺伝しているからなのです。

デュタステリドの副作用

デュタステリドの作用は5α還元酵素の阻害でした。5α還元酵素というのは頭皮の中だけで活動しているのでゃなく体内全体に広がっています。

よって、デュタステリドで5α還元酵素を阻害することで体全体の男性ホルモンの働きを抑制することにつながります。

主な副作用

  • 勃起不全
  • 性欲減退
  • 精液中の精子の量減少
  • 肝機能障害
  • 女性のような体つきなる

まとめ

デュタステリドのような男性ホルモンに直接作用する薬は避けたほうがいいですね。特に20代~30代の方にとって性欲が減退するということは、派生して彼女やパートナーができにくいということにもつながります。

新婚さんなら子供がすぐにでも欲しいというのが女性の望みでしょう。その希望に応えられないのは男性としていかがなものでしょうか。

こういった薬は自分だけで勝手に決めず、周りの大切な人としっかり相談して決めましょう!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加