育毛剤「フィナバルド」の効果的な飲み方と危険な副作用とは?

フィナバルド

「フィナバルド」はプロペシアというAGA(男性型脱毛症)治療薬のジェネリック医薬品です。

フィナバルドの概要、効果や服用方法は?

フィナバルドの概要

フィナバルドの主成分はフィナステリドです。フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)の治療に対して効果的だと言われています。

AGAの治療薬として、よく名前が挙がるのが「フィナステリド」と「ミノキシジル」です。どちらも化学薬品なので普通の薬局では買うことはできません。

個人輸入や代行輸入で手に入れることが一般的です。もちろん海外の薬なので商品自体に記載されてる文字は英語ですし、使用説明書も全て英語で書かれています。

輸入となると一気にハードルが上がってしまいますね。

フィナバルドの効果とは

フィナバルドに含まれる「フィナステリド」という成分はAGAの根本的な原因となる悪玉男性ホルモンに作用します。

抜け毛を改善し、育毛周期と呼ばれる髪の毛の発育に必要なサイクルを正常に戻してくれます。

フィナステリドを含む薬剤でもっとも有名なのが「プロペシア」ですが、この薬のジェネリックがフィナバルドです。プロペシアより安価なうえ効果は全く同じです。

フィナバルドの服用方法

フィナバルドは1日1錠で0.2gを目安に服用します。発毛効果は服用開始から3ヶ月~1年くらいで現れてくると言われていますが、半年以上服用しても効果がみられない場合は服用を中止して医師の診断を受けてください。

フィナバルドはAGAにおける脱毛にのみ効果があります。

ストレスによる円形脱毛症や出産や更年期の女性の脱毛には一切効果がありません。妊娠中の女性が服用すると胎児の生殖器官に異常をきたすことがあるので、妊娠中の女性は絶対に服用しないでください!

フィナバルドの副作用

フィナバルドはもともと前立腺肥大の治療薬として使われていた薬品です。(といっても、今でも前立腺肥大の治療用に販売されているのですが、一部で勝手にAGAの治療薬として使っているだけです。)

フィナバルドによって男性ホルモンの働きに抑制を掛けると性欲が減ってしまったり、勃起不全(ED)といった副作用がでることがあります。

その他にも肝臓機能障害、動悸、めまい等副作用として懸念されるものが多々あります。

まとめ

フィナバルドのように日本で認可を受けていない薬でも、海外から輸入をすれば日本人でも服用できてしまいます。通常の医薬品は医師の診断のもとでこういった薬は処方されます。

個人では購入する際は全てが自己責任ということになります。購入の前に副作用のことや効果、購入方法などしっかり把握し、納得したうでご購入してください。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加