育毛剤「ミノタブ」いろんなところから毛が生えてくる?!恐るべし副作用

ミノタブ

ミノタブとは「ミノキシジルタブレット」の略称で、ミノキシジルを錠剤にしたものです。一般的にミノキシジルの使用方法は外用薬として薄毛の気になる部分に1日2回ほど塗布して使います。

しかし、頭皮の外から塗布した場合、薬剤が角質層に浸透していく具合によって効果に差が出てしまいます。

毛穴の周りに皮脂が詰まっていたり、頭ニキビなどで直接薬剤を塗布できない場合はお手上げです。こういう場面でミノタブが役立つのです。

ミノタブの効果と使用方法

ミノタブ効果

ミノキシジルは本来血圧を下げる経口薬としてアメリカで使われていました。しかし、服用中の患者に多毛症の症状がみられたため発毛の効果があるとして、研究を重ねていき育毛剤として使われるようになったのです。

日本では大正製薬の「リアップシリーズ」にミノキシジルが5%配合されています。リアップは冒頭でお話した頭皮に塗布するための薬品です。使用中効果が出にくいのと、効果がでるのに時間が掛かってしまうのが難点でした。

ミノタブの場合は錠剤になっており、口から服用するものなので体の中からミノキシジル成分を頭皮に届けることができます。

育毛効果も強烈なため発毛を実感できるのも早いです。

使用方法

ミノキシジルは5mgか10mgの錠剤で販売しています。まずは1日1回5mgを1錠を飲み続けて効果をみます。ミノキシジルは非常に強い薬ですので、空腹時に服用すると下痢などの恐れがあるため、食後の服用をおすすめします。

ミノタブの強い副作用

ミノタブを飲むということは、ミノキシジルの強い発毛成分が血管を伝わって全身に行き渡るということです。よって代表的な副作用として多毛症が挙げられます。

髪の毛は生えてきたが胸毛がモジャモジャで、耳の穴の中から毛が生えてきて「毎日のケアが大変!!」というのは大いに起こりうる副作用なのです。

ミノタブその他の副作用

  • めまい
  • 動悸
  • 血圧低下
  • 肝機能障害

もし、ミノタブを個人で購入する場合は医師等の意見を聞くことができません。全てあなたの判断で薬を飲まなければいけないのです。

服用の際は体調の変化に細心の注意を払い、副作用などの影響で体調がおかしいなと思ったら、最寄りの医者に掛かってください。服用中の薬品と使用期間を伝えれば、体調を悪くしている原因が副作用によるものか分かると思います。

まとめ

薄毛に悩みだすと色んな育毛の情報が舞い込んできます。「育毛シャンプーは効かない」「食生活を見直す」「禁煙しろ!」だとか何を信じたらいいのか分からなくなってしまいますよね。

一つだけアドバイスをさせていただくと、20代~40代の男性の方で「M字ハゲがちょっと気になる」、「最近ちょっとおでこが拡がってきた」この程度のお悩み(決してそのお悩みを軽視しているわけではありません)であれば、まずは副作用が起こらない天然成分でつくられたものを使ってみてください。

頭皮に塗布する安全な育毛剤から使用してみてはいかがでしょうか?

いきなりミノタブのような副作用が懸念される強烈な薬剤に手を出すにはリスクが高すぎます。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加