あなたはどっちを選ぶ?薄毛?それともインポ?プロペシアの重大な副作用とは

プロペシア

プロペシアとはアメリカの製薬会社が開発した、AGA(男性型脱毛症)の治療薬です。

現在では日本でも厚生労働省より承認うけた会社が販売を開始しています。

プロペシアにはどんな効果があるの?

プロペシアはAGAの治療薬として使われます。AGAは20歳から60歳までの男性におこる脱毛症で、代表的なもので「M字ハゲ」や「てっぺんハゲ」のような症状があります。

プロペシアの主成分のフィナステリドという薬品は、男性ホルモンを働きを抑制する効果があり、もともとは前立腺肥大の治療薬として使われていた成分です。

AGAの原因のひとつに、男性ホルモンの過剰な働きが挙げられます。

プロぺシアはその男性ホルモンの働きを抑える効果があることから、男性特有の脱毛症を改善できるされています。

プロペシアもミノキシジル同様、もともとは違った狙いで使われていた治療薬の副作用として思わぬ効果が発見されたことから開発に至った薬です。

AGA以外は効果ないってホントなの?

これはAGAが発症する原因をみるとわかります。AGAの主な原因物質はDHT(ジヒドテストステロン)です。このDHTができる仕組みは、「5α還元酵素」の力で「テストステロン」が変換されて出来上がります。

出来上がったDHTが毛乳頭細胞にある男性ホルモンと結合してしまうと、本来抜けてほしくない毛が抜けていき、薄毛になっていくのです。

プロペシアはDHTの生成に欠かすことができない、5α還元酵素の働きを抑制することでDHTの生成を抑えAGAの症状を改善へと導きます。

よって、プロペシアはAGAの根本原因となるDHTに作用するので、それ以外の原因で起こる脱毛症に対しては一切効果はありません。

その他プロペシアでは効果のない症例

  • 円形脱毛症
  • 抗がん剤などの副作用の脱毛
  • その他、別の病気での副作用による脱毛

プロペシアによる副作用

これはつらい!男性特有の副作用

プロペシアは男性ホルモンの働きを抑制する力があります。抑制する力が強すぎると、男性機能障害(インポ)になってしまうことがあります。髪の毛を取るか快楽をとるか?どっちも失いたくはないですね。

プロペシアのような化学薬品にはこのような副作用が必ずあるので注意してください。

重大な肝機能障害

肝細胞の内部にはガンマGTPなどのタンパク質があります。タンパク質は酵素という働きをしており、通常は血液中にそれらが漏れ出すのはほんのわずかだけです。

しかし、肝臓内部の肝細胞になんらかのダメージが加わるとそのタンパク質が血液中へ大量に漏れだしてしまいます。その後肝不全や腎不全といった重大な病気にも発展しかねません。

まとめ

プロペシアは日本でもあるAGAクリニックや輸入代行業者から入手できますが、その際はしっかりと副作用についてのリスクを考えた上で購入するようにしましょう。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加