育毛剤プロスカーの副作用は男性にはつらいアノ症状なんです!~恥ずかしくて言えません~

プロスカー

「プロスカー」って聞きなれない言葉ですね。育毛を調べ出すと色んなカタカナ用語が出てきて混乱してしまいます。

プロスカーの効果

プロスカーってなに?

プロスカーとはアメリカのメルク社が開発・製薬をしているAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。

主となる成分に「フィナステリド」という、育毛に効果がある成分があります。

プロスカーとはAGA治療薬と書きましたが、実はもう1つプロスカーを治療薬として治療できる病気があります。それは「前立腺肥大という男性特有の病気」です。

この病気の発症者は60歳以上の男性に多くみられるのですが、前立腺肥大もAGAも男性ホルモンの影響を受けているとされています。

どちらの治療に対してもプロスカーなどに配合される「フィナステリド」という成分が用いられています。プロスカーとは男性ホルモンに働きかける薬です。

AGAに対するプロスカーの効果

AGAにプロスカーが効くというよりは、プロスカーに含まれている「フィナステリド」が発毛・育毛に効果があるとされています。

AGAの主要な原因物質はジヒドテストステロン(DHT)です。このDHTという物質が原因で私たちの髪の毛はどんどん抜け落ちていくのです。

DHTが出来上がるプロセスを説明します。毛包内にあるテストロンという物質が「5αリダクターゼ」(還元酵素)の働きでDHTに変換され生成されます。

DHTが出来上がってしまうと、毛乳頭の細胞の中にある男性ホルモンと結びつき、正しい育毛サイクルが守れなくなってしまい脱毛に至るのです。

そこへプロスカーを投入です!

プロスカーの副作用

プロスカーの代表的な副作用に勃起不全があげられます。上述したようにプロスカーは男性ホルモンに直接働きかけます。

男性ホルモンに直接反応することからプロスカーの副作用としては性機能障害が多くみられます。性欲減退、精液中に含まれる精子の減少など男性としては嬉しくない副作用ばかりですね。

プロスカーなどのように、口から飲むような薬は効果が高いです。その分薬の作用が強いということなので、副作用の力も比例して強くなってきます。

同じ薬品を使っていたとしても、頭皮に塗るのか、飲むのか、血液に直接注射するのかでその作用は大きく変わります。同じ薬だから大丈夫だと油断しないでくださいね。

まとめ

プロスカーの服用の目的はAGAというより、前立腺肥大の治療の目的で作られています。それを薄毛の人が勝手に「育毛にいいぞ!」といって転用しているのです。

そのためプロスカーに含まれる有効成分である「フィナステリド」の含有量は多いです。初めての方や、フィナステリド錠の服用を初めて間もない人は絶対に手を出さないでくださいね。

今まで体内に取り込んだことのない、成分を医者の判断なく大量に取り込むことは危険すぎますので。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加