あなたの生え際大丈夫ですか?その悩みいつまで続きますか?

生え際

最近、なんとなく生え際が後退してきたと感じませんか?

薄毛は早い人だと18歳ころから始まります。

今あなたが生え際が後退してきたとうすうす感じているならそれはもう間違いなくハゲの第一歩として考えて良いのではないでしょうか。

生え際の後退を食い止める!

生え際が後退する原因

生え際の後退には悪玉男性ホルモンである、ジヒドテストステロン(DHT)の働きが大きいです。

ジヒドテストステロンは男性ホルモンであるテストステロンと還元酵素の5αリダクターゼが結びつくことで代謝されます。この悪玉男性ホルモンであるDHTが毛乳頭にくっついてしまうと、成長途中の髪の毛を抜け落としてしまいます。

この現象が髪の毛の生え際で繰り返されると生え際がどんどん上がっていきます。

生え際の後退対策

生え際が後退していく原因である、悪玉男性ホルモンDHTの働きを抑制するにはいくつかの方法があります。あなたの症状が初期の段階にあるならまだまだ有効的な方法ばかりなので、生え際が気になる方は是非実践してください!

生活習慣の改善

「ハゲは遺伝する」と言われていますが、遺伝でハゲる割合は4分の1程度です。残るほとんどの原因が後天的な要因によってハゲてしまうのです。

成人病やガンのように生活習慣を改善していくことで、生え際が後退していくのを防ぐことができます。

髪の毛の成長は、毛細血管からの血液によってしか栄養をもらうことができません。そのことから、頭皮への血行を悪くする要因は極力避けていきたいところです。

喫煙は血管を収縮させ、吸えないストレスを増幅させます。どちらも頭皮への血行を悪くしてしまう要素を持っているので、生え際が気になる方は禁煙することをおすすめします。

お酒も適量ならいいのですが、飲み過ぎには充分注意です。二日酔いや泥酔時にはアセトアルデヒドという物質が発生し、アセトアルデヒドは悪玉男性ホルモンであるDHTの発生を助長します。

お酒の飲み過ぎには充分注意しましょう!

頭皮のマッサージ

頭皮は筋肉が少ないため、自分の力で動かすことができません。ストレッチなどをして血行を促進するということができないので、両手の指の腹でマッサージをしてやると血行促進することができます。

お風呂上がりなどの血のめぐりが良い時に、やさしく3分くらいかけて頭皮全体と、生え際をマッサージすることで血行がよくなり育毛効果があります。

育毛剤の使用

薄毛の対策は気付いたその日から始めたほうがいいくらいです。何もせずに毎日鏡で生え際を眺めていてもどんどん生え際が上がっていく一方です。

それよりも少しでも有効的な対策を打って頭皮の改善をした方がいいです。育毛剤は直接頭皮に付けて作用するので、通常の対策に比べて早く効果が現れやすいです。

頭皮に直接付けるものだから、薬品や化学物質が大量に含まれているような育毛剤は避けましょう!天然成分で作られている肌にやさしい育毛剤を選びましょう。

まとめ

上記で説明した改善方法はどれかひとつだけでも効果は期待できますが、できれば3つ、2つと同時にやっていくことをおすすめします。

頭皮のマッサージしてるのに、運動不足で血行が悪い状態では効果に矛盾が生じてしまいます。より効率的に結果をだしましょう!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加