そろそろ若白髪の原因知りたくないですか?若白髪になる3つの原因

白髪

白くなった髪を染めるのか、染めるならいつやろうか。

加齢を重ねるごとに白髪の数は増えていき、悩みも増していきます。

白髪にはメラサイトという髪の毛の色を作り出す細胞が大きく関係しています。白髪が増えてしまうメカニズムをみていきましょう。

白髪が増えてしまう原因

白髪が生えてしまう仕組み

そもそも髪の毛ができた瞬間というのは、みな白いのです。そこへメラニン色素が混ざり合うことで、黒髪が生えてくるのです。

白髪というのは髪の毛を黒く塗るメラニン色素が足りないまま生えてきてしまい、髪の毛に色付けできずに生えてきてしまった状態です。

そして、このメラニン色素を作り出すのはメラノサイトという細胞です。メラノサイトとチロシナーゼという酵素の働きによってメラニン色素を作ることができます。

「メラノサイトとチロシナーゼ」このどちらかの働きが悪くなってしまうと、髪の毛を黒くするメラニン色素が生成されないのです。

こんな人が白髪なりやすい!!

白髪になってしまう原因で大きく関わっているのが加齢(老化)です。加齢により、酵素であるチロシナーゼの働きやそのもの自体の量が減少してしまうことで真っ白な髪の毛に色付けできなくなってしまうのです。

しかし、若いうちから白髪に悩まされる人も少なくありません。若い人が白髪になってしまう原因には以下のようなものがあります。

食生活がもたらす白髪

体に必要な栄養分のほとんどは食事から摂取します。偏った食事は体の様々場所に影響を及ぼしていまいます。白髪に必要な栄養素はミネラルやアミノ酸です。

朝昼晩、ファストフードや欧米食ばかりといった偏った食事ではこれらの栄養素を摂取するのは難しいと言えます。こういった偏った食生活は白髪の発生を助長することでしょう。

寝不足は白髪のもと

私たちの体は成長ホルモンや血液の循環によって、細胞分裂や再生を繰り返しています。この仕組みが崩れてしまうと、いろいろな所に異常をきたしてしまいます。

メラニン色素は毛根の奥で作られていますが、寝不足や生活リズムが乱れている場合、メラニン色素を作るために必要な栄養分が毛根に送られにくくなってしまいます。

寝不足は血行を悪くし、成長ホルモンの分泌を阻害してしまい、白髪になりやすい頭皮をつくりあげてしまいます。

遺伝が原因の場合もある

薄毛などとおなじように、白髪にも少なからず遺伝があると考えられています。しかし、遺伝だけが大きな原因なのではなく、上記のような生活の乱れからくる要因の方が大きいのでは?とも考えられています。

髪の毛に悪いことをしないことが白髪対策になる

白髪にならないための対策は、白髪にならない原因をやらないことになるかと思います。

生活リズムが崩れてしまっている人は、早寝早起きを心掛け、毎日の食事は偏りなく食べること。「最近食べた物は食べない」を守っているだけで随分栄養の偏りは解消えきるはずです。

追加では白髪サプリなどを飲むといったことも考えられます。ただサプリの値段は案外高く1ヵ月分でだいたい10,000円してしまいます。興味のある方は検索してみてください。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加