男性頭皮のトラブル|フケ、かゆみが起こる2つの原因とその対策

ふけ・かゆみ

秋から冬にかけて、頭皮がかゆくなることありませんか?そういう時あなたならどのような対処をしていますか?

  • 1シャンプーの量を増やしてゴシゴシしっかり洗う
  • 2保湿クリームなどを頭皮に塗る
  • 3季節的なものなのでほっておく

実はこの中に適切だと考える処置はありません。間違ってもシャンプーの量を増やしてゴシゴシ洗うのだけは絶対にやめてください!頭皮の必要な皮脂をシャンプーの力で根こそぎ取り除いてしまうことになり、フケやかゆみの原因となります。

フケ・かゆみの原因は?

頭皮はとても敏感で爪を立てて掻いたり、あせもができてしまうとすぐにフケやかゆみの原因となることがあります。以下にフケ・かゆみの原因となる代表的なものを2つほどあげてみます。

フケやかゆみの原因①季節的要因

冬の空気の乾燥に伴い、頭皮をはじめとする体の各部位が乾燥してしまいます。乾燥した頭皮では正常な新陳代謝が行われず、肌がポロポロと剥がれてしまいます。

私たちが生活していく中で比較的感じやすいのが季節的要因による頭皮の異変ではないでしょうか?

しかし、季節は巡るもの。毎年の季節変化に対応できない頭皮は弱っていると考えていいでしょう。頭皮の環境を整えて敏感頭皮から脱却しましょう。

フケやかゆみの原因②シャンプーの刺激によるもの

シャンプーの刺激が強すぎて頭皮についた必要な皮脂まで取り除いてしまっている。

市販されているシャンプーの主な成分は「アルコール」です。アルコールシャンプーは石油を原料としており、洗浄力が異常に強いです。

弱った頭皮には刺激が強すぎて、肌がただれたり赤くなったりしてしまうことがあります。その他にも市販のシャンプーには香料や着色料、保存料なども含まれています。

若い頃のように外で部活動に励み、毎日髪の毛に汗や土が付着していた時のようにトニック系のシャンプーで洗っていませんか?トニック系男性用シャンプーは洗浄力が強いほか刺激が強すぎるので要注意です。

フケ・かゆみがなくなる簡単な対策

上記のフケやかゆみの原因は、毎日の頭皮ケアによって症状が改善することがあります。以下にその頭皮ケア対策を紹介します。

シャンプーを刺激の弱いものに変える

頭皮の乾燥は、慢性的に頭皮へダメージが加わっていることが考えられます。毎日使うシャンプーを刺激の弱いものに変えましょう。

洗浄力の強いアルコール系のシャンプーは、洗った後スッキリして気持ちが良いのですが、頭皮には相当なダメージを与えてしまっています。

乾燥した頭皮には、主成分が「アミノ酸」で構成されたシャンプーを使うことをおすすめします。

アミノ酸は私たちの皮膚や筋肉のもとになっているタンパク質を作りだす成分です。頭皮もその一部であり、同じ成分で洗浄できれば頭皮にもやさしいということです。

ドライヤーは近すぎず、掛け過ぎない!

シャワーの後ドライヤーをかける人も多いと思います。フケやかゆみの発生はドライヤーの掛け方にも関係があります。

ドライヤーを頭皮に近づけすぎている。長い間掛けている。髪の毛が短くててもドライヤー掛けている。

以上の人達は要注意です。ドライヤーを髪の毛を乾燥させ、頭皮も乾燥させます。頭皮の必要な皮脂まで乾燥させないようにしてください。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加