「絶対イヤだ!M字ハゲ」ハゲる病気の3つの原因とは?

M字ハゲ

M字ハゲで悩んでる人は世の中にたくさんいます。会社のあの人だって口に出さないだけで家に帰ったらあなたと同じように悩んでいるのです。

M字ハゲは男にとって深刻な悩みのひとつです。結婚していてもしていなくても関係ないのです。

M字ハゲはやり方によっては治ります!髪の毛の病気や髪の毛が生える性質を知ることでどういったアプローチをしていけば効率よく髪の毛が生えてくるのかが分かると思います。

M字ハゲを引き起こす原因

M字ハゲの原因にはさまざまなものがありますが、その代表的な原因としてAGA(男性型脱毛症)があります。

AGAは20代~50代くらいまでの男性に多い脱毛症で、れっきとした病気です。AGAの治療法は主に薬剤の服用と育毛剤の塗布、他には育毛サプリの服用などがあります。

AGAが抜け毛を増やす仕組み

AGAを引き起こす主な原因は男性ホルモンの過剰な働きによるものが大きいです。男性ホルモンの一つ「テストステロン」は男性的な行動(闘争、銃の扱い)をした時に精巣から分泌されるホルモンです。男性が男らしくあるために必要なホルモンといえます。

この男性ホルモンが頭皮の奥の毛母細胞という髪の毛を作り出す部位で5αリダクターゼという還元酵素と反応し、「ジヒドテストステロン(DHT)」を代謝します。

このDHTという悪玉成長ホルモンが成長期の髪の毛を脱毛させてしまう犯人です。

もうひとつAGAの進行を助長する要因として、血行不良があげられます。食生活や生活の乱れから、血液の循環が悪くなると、頭皮への栄養が届きにくくなってしまいます。

そのような状態では毛母細胞の能力も下がってしまい育毛できなくなってしまいます。

AGAになりやすい人

AGAはいろいろなことが原因で発症します。その主な原因として以下の3つがあげられます。

  • 精神的ストレスによる発症
  • 遺伝的要因による発症
  • 生活習慣や食生活の乱れからくる発症

ストレスによる発症

会社やバイト先、学校でのストレスは体調を悪くしてしまうほか、脱毛のリスクも否定できません。重いストレスを持った状態で生活していると、血流が悪くなります。

血流が悪くなった頭皮へは栄養が届きにくいためAGAの発症を助長します。

遺伝的要因による発症

AGA発症の約4分の1が「遺伝」が原因だとされています。「ハゲは遺伝する」というのは聞いたことがあると思いますが、まんざら間違いでもありません。

AGAが遺伝するのは還元酵素「5αリダクターゼ」の分泌量によるものが大きいです。DHTを発生させる素となる5αリダクターゼも量が増えれば増えるほど、DHTの発生も増えてしまいます。DHTが増えれば脱毛のリスクも増えていってしまうことになります。

これがAGAが遺伝する要因だといえるでしょう。

生活習慣や食生活の乱れによる発症

AGAの発症は生活習慣による影響も大きいとされています。肥満や運動不足といった習慣はAGAだけでなく他の成人病などのリスクもあるということはご存知かと思います。

偏った食生活は肥満を誘発させ、血行を悪くしていきます。髪の毛の成長には良質な血液が必要なため、血行が悪くなってしまうと髪の毛の成長も止まってしまいます。

肥満や運動不足、食生活の偏りはAGAを誘発させる大きな原因になります。

まとめ

「自分の親はハゲてないからいいや!」とほおっておくと、気づいた時には前髪がなかったということにもなりかねません。

AGAの遺伝は全体の4分の1程度しかないため残りの4分の3は後天的な要因です。生活習慣を整え、毎日必要な栄養素を食事で補えるように工夫してください。

そうすれば少しでもAGAが発症してしまうリスクも下げられることでしょう。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加