「抜け毛の悩み」から解放されるたった2つの方法

抜け毛悩み

抜け毛やハゲと聞くと一見、40代、50代のオジさんの話だろうと勘違いしてしまうのですが、早い人だと18歳くらいから抜け毛の進行が始まってしまいます。

大丈夫ですか?最近髪の毛が柔らかくなってきたなとか、おでこが少し拡がってきたなと感じているようなら要注意ですよ!

抜け毛の原因

抜け毛にはいくつかの原因ありますが、世に言う遺伝的な要素も少なからずあります。

現在、成人男性の4人に1人が抜け毛や薄毛に悩んでおり、その中の4分の1の割合で遺伝が原因だとされています。

秋に抜け毛が多いと感じるんだけどなぜ?

これはかなりの人が感じられているようでちゃんとした原因があります。

それは夏の強い紫外線のダメージによる影響が大きいとされています。紫外線は5月~8月にかけてもっとも強くなります。紫外線=夏の暑い時期だと考えていいのですが、ゴールデンウィークあたりから夏場同等の紫外線量になっているんです。

紫外線は髪の毛のタンパク質を構成する結合部分に刺激を与え、髪の毛が切れたり、抜けたりしてしまいます。

夏に紫外線を浴び続けた髪の毛は秋に掛けて切れたり、抜けたりしてしまうのです。それが秋に抜け毛が多いと感じる原因ですね。

抜け毛チェック

通常髪の毛は1日に70本~100本ほど抜けていくと言われています。これを目安にあなたの抜け毛をチェックしていけば、薄毛傾向にあるのか、正常の抜け毛の範囲なのかということが分かります。

かといって、1日の抜け毛の量を数えられるわけではありませんね。

抜け毛チェック①

そこで洗面所等で、髪の毛を軽く両手でワサワサと動かしてみてください。

洗面所の流しに20本以上抜けたり、切れたりした髪の毛が落ちている場合はかなり要注意だと判断していいでしょう。

抜け毛チェック②

生え際に孤立した髪の毛がないかチェックする。孤立した髪の毛がある場合は、今までの生え際がそこにあったことを意味します。

少しずつおでこが広くなってきていると思って間違いありません。

抜け毛対策

上記の抜け毛チェックはかなり簡易的にお伝えしたものですが、的を得たチェックになっています。ここでのチェックを軽視せず、抜け毛、薄毛には早めの対策を施してください!

遺伝的要因の抜け毛にはこれ!

遺伝的な抜け毛は生活改善や禁煙、禁酒では改善されないことのほうが多いです。ここでは育毛剤や頭皮ケアシャンプーを使うことをおすすめします。

遺伝的な抜け毛には男性ホルモンの働きが深く関わってきているため、男性ホルモンへ直接作用する対策が必要不可欠です。

育毛剤の中には植物などから採れた天然成分だけで構成されたものがあります。フケやかゆみがでてしまう心配も少なく、天然成分なので頭皮への刺激が限りなく少ないです。

頭皮ケアは乾燥肌やオイリー肌を防止するための補助的役割として使うなら効果的といえます。

夏の紫外線対策

一言でいうと、「自分の身は自分で守るしかありません」

夏の紫外線を頭皮に直接当てないことです。帽子をかぶったり、なるべく日陰を歩いたり、長時間の外出は避けたりとキリがないですね。

海やプールでは水面に紫外線が反射するので、上からも下からも紫外線の影響を受けてしまうことになります。

そういった場所ではさらに注意が必要です。

まとめ

抜け毛は本当に多くの人が悩んでいます。決してあなただけではありません。自分の抜け毛に気付いた時点で行動を始めましょう!

抜け毛や薄毛は早くから対策することで発毛や育毛効果が高くなります。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加