なぜあなたの頭皮はオイリー(皮脂性頭皮)なのでしょうか?誰でもできるオイリー対策3選!!

オリリー肌

あなたの髪の毛はいつも脂ぎっていませんか?

それは汗をかきやすくいつも湿った頭皮に、余分な皮脂が過剰に分泌されている状態です。その脂は薄毛になりやすい頭皮を作り上げてしまう原因となる可能性があります。

オイリー肌の原因

頭皮というのは顔や腕に比べて皮脂腺や汗腺が多いです。そのため、皮脂や汗が頭皮をギトギトにしやすくなります。頭皮のギトギトは髪の毛に覆われているため、乾ききってしまうことが少ないのでいつもジメっています。

顔と頭はつながっているため顔にニキビができやすい人は、頭にもニキビができやすいかと思います。

オイリー肌の原因は食事による要素が大きいとも言われています。糖分の取りすぎは皮脂の分泌を過剰にしてしまいます。皮脂腺の多い頭皮にはより多くの皮脂が分泌されてしまうわけです。

オイリー肌が頭皮にもたらす影響とは?

脂漏性皮膚炎

頭皮の脂が多い人は脂漏性皮膚炎に掛かってしまう可能性もあります。脂漏性皮膚炎は皮脂腺の多い頭皮や顔にできやすい湿疹のひとつで、かゆみがでたり、皮膚が乾燥して頭皮がボロボロと剥がれてしまいフケのようカスが落ちてきます。

薄毛の原因となる

通常の皮脂は頭皮の周りを薄い膜で覆い、外部化からの細菌の侵入を防ぐ役割を果たしています。

しかし、多すぎる皮脂は行き場を無くしてしまいます。行き場を無くした皮脂は髪の毛にへばりついたり、毛穴の奥へ入り混んでしまいます。

髪の毛の毛穴の奥へ入り込んでしまった皮脂は髪の毛の成長を阻害し、新たに生えてくる髪の毛を塞ぎこんでしまいます。

オイリー肌の対策

自分の肌に合ったシャンプーを使用する

洗浄力の強い男性用のトニックシャンプーを使っている人は要注意です。男性用のシャンプーには強いアルコール洗浄剤が多く含まれています。

皮脂の取りすぎは、皮脂の過剰な分泌を促してしまいます。市販されているものでオイリー肌専用のシャンプーがあるのでそちらをお使いください。

シャンプーをする前にお湯ですすぐ

皮脂や1日の汚れはシャワーのぬるま湯である程度は落とすことができます。髪の毛を濡らして、いきなりシャンプーでゴシゴシ洗うのではなく、ぬるま湯でしっかり髪の毛や頭皮についた皮脂や汚れをすすぎ落としましょう。

それをしないと、皮脂の脂とシャンプーの洗浄成分がごっちゃ混ぜになったドロドロの泡で頭皮を洗っているような状態になってしまいます。

シャンプーのすすぎ残しがないようにしっかりすすぐ

シャンプーのすすぎ残しは頭皮に非常に悪いです。シャンプーの成分が長時間頭皮に付着した状態では、頭皮への刺激がずっと掛かっていることになるのであせもや、アトピー性皮膚炎の原因にもなります。

シャンプー後は髪の毛だけではなく頭皮にもシャワーのお湯を当てて、シャンプー成分のすすぎ残しがないようにしましょう!

まとめ

オイリー肌はひとつずつ対策していけば大半のものは改善できるでしょう。時間は掛かっても少しずつ直していかないと、将来ハゲてしまうかもしれません。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加