酒好きに朗報!禁酒せずにアラニンの働きで薄毛を解消させる?

アラニン

アラニンとはアミノ酸の一種で肌への刺激が弱いとされています。

アミノ酸は皮膚や筋肉、臓器を構成するタンパク質の元となる成分で私たちの体のうち20%がタンパク質で構成されています。

アラニンの概要

アラニンは人間の体内で生成される非必須アミノ酸に分類されます。アラニンは皮膚などを構成するタンパク質のほとんどに含まれています。

肝臓機能を高める効果あり

アラニンのアルコールの代謝を促進する効果があると言われています。肝臓ではビールや酒などのアルコール分の90%を代謝します。お酒を飲み過ぎると肝臓機能に支障をきたすというのはこのあたりからきています。

アラニンは肝臓の中でアルコールを処理する手助けをして、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解をします。

アラニンの育毛効果

天然保湿因子の力で肌の潤いを維持

アラニンには天然保湿因子(NMF)であることから頭皮の保湿を守る効果があります。天然保湿因子とは角質内の細胞にある水分を保持する成分で真皮からの水分をくみ上げ、頭皮に潤いを与えます。

天然保湿因子は加齢とともに減っていきます。天然保湿因子は肌の再生と伴に生成されていくのですが、肌の再生機能が衰えてしまうと、天然保湿因子の生成もできなくなってしまったり、上手に肌の潤いを保つことができなくなってしまいます。

加齢を重ねるごとに肌はゴワつき、乾燥しやすく硬い皮膚となっていくのです。

アセトアルデヒドの分解を早めてハゲ防止

ビールや焼酎など飲んだお酒は肝臓で酸化され「アセトアルデヒド」になります。お酒が弱い人はすぐに顔や体が赤くなってしまうことがありますが、それは肝臓で分解されなかったアセトアルデヒドが血液中に流れ出してしまい、血管を拡張させてしまうからです。

このアセトアルデヒドはくせもので、薄毛の進行を早めてしまう恐れもあるのです。男性特有の薄毛にAGA(男性型脱毛症)という症状がありますが、これの原因となるのは悪玉男性ホルモンである「ジヒドテストステロン」です。

このホルモンの働きで本来生えてままでいい髪の毛に「抜けろ」という信号を送ってしまうのです。

二日酔いの原因物質「アセトアルデヒド」は薄毛の原因となる「ジヒドテストステロン」の生成を助長してしまう恐れがあるのです。そこでアラニンの登場です。アラニンは肝臓でアセトアルデヒドの分解を手助けして血液中に流れ出してしまうのほ抑制します。

お酒を飲む方で薄毛が心配だという方はアラニンが配合されている育毛剤を使うと効率的に育毛できるでしょう!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加