抗酸化作用で老化を防ぐアルニカエキスの3つの効能

アルニカエキス

アルニカとはヨーロッパに生える植物で秋に黄色の花を咲かせます。アルニカはアロマオイルなどの成分として使われることもあるので名前だけでも聞いたことがある人ばかりだと思います。

アルニカ効果

アルカニエキスにはフラボノイドやタンニン、サポニンなど少し聞き慣れない成分が含まれています。どれも血行促進などの効果があり、アルニカエキスを代表する成分です。

タンニン

タンニンは緑茶や、渋柿などの渋みの元となる成分でカテキン類の総称を指します。タンニンにはカテキンと同じく、殺菌作用、抗酸化作用、抗ガン作用などたくさんの効能があります。

この他にも、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中といった重大な病を防ぐといわれています。これはタンニンが血液中のコレステロール値を下げる作用があるというところからきています。

血中のコレステロール値を下げることでドロドロ血液をサラサラにし、血栓などの発生を防ぐことができます。

サポニン

サポニンは朝鮮人参を代表とする成分で、植物の根や葉、茎などに含まれています。サポニンもタンニン同様、血液中のコレステロール値を下げる作用があります。

また、肝臓機能の向上も期待できます。サポニンには過酸化脂質の生成を抑制する効果があります。過酸化脂質とは、活性酸素の力でコレステロールなどが酸化されてしまったもので、老化の原因となる物資です。

この過酸化脂質が増えすぎてしまうと、肝臓にダメージを与えることになります。サポニンが過酸化脂質を抑制することで肝臓機能を向上させることができます。

フラボノイド

フラボノイドには高い抗酸化作用があります。数種類の成分に分類できるフラボノイドには先述したカテキン類やアントシアニン類、イソフラボン類、フラボノール類などがあります。

フラボノイドの抗酸化作用を非常に高く活性酸素による老化を防ぎます。体内で使った酸素は活性酸素となって、私たちの肌や内臓を老化させてしまいます。

肌にはシミやたるみを誘発し、動脈効果、糖尿病、白内障などの原因ともなる厄介な物質です。

フラボノイドは活性酸素の発生を防ぎさまざまな病気の危険を回避します。

アルニカエキスの育毛効果

アルニカエキスには抗炎症作用や、保湿、血行促進などの効果があります。抗炎症作用は髪の毛が成長していく上で欠かせない効果です。髪の毛の成長は頭皮の環境を整えることからはじまります。

過剰な皮脂の分泌で脂ぎった頭皮はちょっとした刺激で炎症を起こしてしまいますし、脂分の多い頭皮は育毛環境に適していません。

アルニカエキスは頭皮の炎症を抑え、育毛に適した状態へと戻していく効果が期待できます。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加