育毛効果あり!牡丹エキスは脂ぎったあなたの頭皮環境を整えます!

牡丹エキス

牡丹の名前は聞くことがあってもどんな花だったかイメージ湧かないですよね?花の色はピンクや赤、白などがあります。一般的には4月~5月に花が咲き中国では「花の王」と呼ばれ、清の時代には「国花」とされていたようです。

牡丹エキスのさまざまな効能

牡丹エキスは牡丹の花の根っこの皮を乾燥させたものを使っており、その薬効は漢方としても認められています。

効能としては消炎、止血、腹痛、痔、頭痛などさまざまな症状に効果的です。

ひとつ注意したいのが牡丹エキスを取りすぎてはいけません。大量に摂取してしまうと喘息などになってしまう危険があります。体に合わなかった場合にも注意が必要で発疹や蕁麻疹がでてしまう場合もあります。

しかし、通常の使い方ではこれらが起こることは少なく、常識に反した量を大量に服用した場合のことなので過剰に心配することはないでしょう。

牡丹エキス育毛効果

牡丹エキスの代表的な薬効に消炎があります。これは頭皮のトラブルによる抜け毛も抑制することが期待されます。いろいろな育毛剤に配合されています。

髪の毛が脂ぎってしまう人

「あなたの髪の毛は脂ぎっていませんか?」

頭皮が脂症の人はそれだけでハゲる可能性が増えてしまいます。頭皮に脂は皮脂と呼ばれるもので体内から分泌される脂です。この脂を頭皮全体に薄い膜を張り、頭皮を外部からの雑菌や常在菌の増殖を防いでいます。

脂症の人は皮脂の分泌が過剰になっていることが多く、その原因となるのがシャンプーの使いすぎ(洗いすぎ)か頭皮や髪の毛を不衛生な状態にしているかです。(病気の場合は除きます)

毎日お風呂に入っていれば頭皮が不潔になることはないと思いますが、シャンプーの使いすぎや、頭皮をゴシゴシ洗いすぎな人は多いのではないでしょうか?

市販されているシャンプーは洗浄力が強く、髪の毛につけてゴシゴシ洗ってしまうと、必要な皮脂まで根こそぎ取り除いてしまうことがあります。

頭皮を外部からガードするはずの皮脂がなくなってしまった頭皮は色々な攻撃にさらされてしまうため、皮脂の分泌をはじめます。

これを繰り返していると皮脂の過剰な分泌が起こってしまい、頭皮が脂ぎってしまうのです。

頭皮が炎症を起こしてます

過剰に分泌された皮脂は行き場を無くし重力の力で毛穴に入り込んでしまいます。毛穴に入りこんだ皮脂は髪の毛の成長を妨げてしまいます。

皮脂が詰まった毛穴の周りは炎症を起こし、それが脱毛につながってしまうこともあります。これが脂漏性脱毛になる仕組みです。ハゲてて脂ぎってると不衛生に見えてしまうので注意してくだい。

牡丹エキスで炎症を鎮める

牡丹エキスは消炎作用があるので、炎症を起こした頭皮に塗布することで頭皮ケアも一緒に行い、清潔な頭皮環境を整えてくれます。

まとめ

頭皮の環境を整えて、新しい髪の毛が生えやすいようにしておきましょう。くれぐれもシャンプーの使いすぎには注意してくださいね。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加