グリチルリチン酸ジカリウムは2つの作用で異常脱毛を防ぎます

グリチルリチン酸ジカリウムは

グリチルリチン酸ジカリウムは、その効果から育毛剤の成分として配合されることが多いです。

グリチルリチン酸とカリウムである塩が結合したものです。

グリチルリチン酸ジカリウムの概要

いろいろな育毛剤の成分表を見ると似たような名称がいくつかあって混乱すると思います。同じ医薬品で呼び方ちがうこともあり、違う成分だと思っていたものが実は同じ医薬品だってということはよくあります。

グリチルリチン酸ジカリウムもそのひとつで、「グリチルリチン酸二カリウム」「グリチルリチン酸2K」「グリチノンK2」「グリチルリチン酸K2」などがあります。すべて同じものを指したものです。

漢方の「甘草(カンゾウ)」の主成分になってる

グリチルリチン酸ジカリウムは漢方である、甘草(カンゾウ)の主成分です。皮膚炎や頭皮の炎症を抑える効果があるほか、抗アレルギー効果があります。

甘草(カンゾウ)は中国の乾燥地帯に生える植物で、古くから漢方として使用されている植物です。カンゾウの根っこは食べると非常に甘く、その甘さは砂糖の200倍だそうです。

すごいですよね?どんだけ甘いんだって感じです。カンゾウはその特性を生かし甘味料として、お菓子やお酒など幅広く使われています。

他にも鎮痛や解毒などの作用もあります。カンゾウは育毛剤だけでなくいろいろな薬品に含まれています。

育毛でのグリチルリチン酸ジカリウムの役割

強い殺菌効果

カンゾウに含まれるグリチルリチン酸ジカリウムは殺菌効果が非常に高いので、頭皮の常在菌の増殖を防いだり、外部の雑菌を殺菌する作用があります。

頭皮の常在菌は過剰な皮脂やフケなどから栄養を取り異常増殖してしまうと、髪の毛の毛髪サイクルを乱してしまい異常脱毛の原因となります。

グリチルリチン酸ジカリウムは強い殺菌効果で外部から来る雑菌や常在菌の増殖を防ぎます。

炎症による脱毛症の予防ができる

髪の毛の成長を阻害する頭ニキビ、フケやかゆみといった頭皮の炎症を鎮める役割も果たします。

頭皮の炎症が原因で脱毛を進行させてしまう症状に、脂漏性脱毛があります。これは毛穴の奥に余分な皮脂が詰まってしまうことで毛穴の周りに常在菌が異常増殖してしまい、毛根付近まで炎症が起こり脱毛してしまう脱毛症です。

グリチルリチン酸ジカリウムは脂漏性脱毛症での頭皮の炎症を未然に防ぐ効果があります。

まとめ

グリチルリチン酸ジカリウムはニキビ用や敏感肌用の化粧品に使われることもあります。天然成分で漢方に使用されるほどですので頭皮や髪の毛にやさしい成分だと言えます。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加