ジフェンヒドラミンHCIが持つ「育毛を手助けする2つの効果」

ジフェンヒドラミンHCI

ジフェンヒドラミンHCIはチャップアップなどの育毛剤に含まれている成分で、抗ヒスタミン剤として使われます。

通常育毛剤で使用される以外では風邪薬や鼻炎薬など抗ヒスタミン薬として使われ、鼻水、くしゃみ、目のかゆみを鎮静させる効果があります。

ジフェンヒドラミンHCIはかゆみを抑える

ジフェンヒドラミンHCIは塩酸ジフェンヒドラミンとも表記されます。(成分表の成分名は統一してほしいですよね。シャンプーやリンスなどの成分表でよくありますが分かりにくいです。)

ジフェンヒドラミンHCIの効能は主に抗ヒスタミンです。

ヒスタミンってなに?そんなに悪いの?

「ヒスタミン」と聞くと大抵の人はかゆみを引き起こしてしまう体に悪いものだと思ってしまいますよね?でも実はちがって、ヒスタミンは私たちの体の中で作られる化学物質のひとつなのです。

普段は体内に必要な分のヒスタミンを生成し免疫系統で重要な役割を果たしています。

その反面、アレルギー疾患などの症状を持つ人の場合、体内にアレルギーを引き起こす物質が取り込まれると、ヒスタミンが過剰に生成されてしまい、強いかゆみや湿疹などのアレルギー症状がでてしまいます。

ヒスタミンは通常の場合は免疫作用を補助する役割ですが、過剰に反応してしまうとアレルギー症状を引き起こし、困った存在になってしまいます。

ジフェンヒドラミンHCIの育毛効果

弱った頭皮のかゆみを抑える

ジフェンヒドラミンHCIは抗ヒスタミン作用があるので、頭皮のかゆみや湿疹などを抑える効果があります。

頭皮のかゆみは主に、頭の皮膚の代謝が正常に行われていない状態で、表面がカサつき皮膚がポロポロと剥がれる状態にあることが多いです。

カサカサに頭皮をつめや指で掻き毟ってしまうと、皮膚が剥がれてしまい湿疹やただれなどといった症状がでるほか、そういった状態では髪の毛の成長にも影響してしまいます。

そうなっては遅いので、頭皮が乾燥し、かゆみがでてしまう前に対策を打たねばいけません。

ジフェンヒドラミンHCIの抗ヒスタミン作用は事前にかゆみを抑えることで髪の毛の成長を見守ります。

頭皮を外部からのダメージから守る

頭皮はいつも外部からの攻撃を受け続けています。紫外線や汚れ、毎日のシャンプーも、頭皮に合っていないものを使用している場合には頭皮への刺激のひとつとなります。

一般的に売られてるシャンプーの主成分はアルコールでできています。アルコールは洗浄力が高く刺激が強いです。

薄毛の人の弱った頭皮はシャンプーのダメージを受けると炎症を起こし、頭皮は赤く染まりヒリヒリした状態になってしまいます。

ジフェンヒドラミンHCIはそういった時に頭皮の炎症を抑え、頭皮へのダメージを軽減させます。

まとめ

ジフェンヒドラミンHCIさまざまな育毛剤や育毛シャンプーに使われている、効果の高いことが期待される薬品です。

育毛剤を選ぶ時はジフェンヒドラミンHCIのような成分が含まれているかも判断の基準にするといいでしょう。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加