松ぼっくりが食べれる?マツの実エキスの驚くべき育毛効果!!

マツの実

松の実って栄養豊富なんです!知ってましたか?

松ぼっくりで知られる松の実には一般的には知られていない効能がたくさんあります。松の実は「海松子」や「松子仁」という名前で漢方として古くから滋養強壮に使われてきました。

マツの実の効能

マツの実は世界各地で食用として知られており、聖書にも登場してくるようです。中国では1日に3回食べると仙人になれると言われているほか、現在では薬膳料理や宮廷料理として、出されています。

マツの実の不飽和脂肪酸

マツの実にはたくさんの脂肪酸が含まれています。オレイン酸やリノ―ル酸は不飽和脂肪酸が多いことから、動脈硬化の予防となります。

不飽和脂肪酸とは炭素が二重結合したものをいいます。魚やオリーブオイルなどに含まれている脂肪酸で、血液中のコレステロールなどに働きかける作用があります。

オレイン酸はオリーブオイルやアーモンドなどに多く含まれる不飽和脂肪酸で、血液中の悪玉コレステロールを減らす効果があります。血中のコレステロールを下げることで、血液をサラサラにすることで血行を促進します。

リノ―ル酸は体内で生成することができないので食事などで摂取するしかありません。コレステロール値の上がった血管は硬化していきます(動脈硬化)硬くなってしまった血管はさまざまな影響を引き起こしてしまいます。

リノール酸はコレステロール値をさげることで血液の流れを整え、体の隅々まで血液が循環できるように作用します。

肌をキレイにする

マツの実にはビタミンEが含まれています。ビタミンEは「若返りのビタミン」といわれており、肌を老化から防ぐ効果があります。

ビタミンEは活性酸素の発生をお抑制し細胞の酸化を防ぐ働きがあります。体内に取り入れた酸素は体の各部位で使われると全体の約2%は活性酸素となります。

活性酸素とは、細胞などを酸化させる力が非常に強力です。正常な量の活性酸素は必要なのですが、過剰に発生した活性酸素は体内の細胞を老化させてしまいます。

しかし、ビタミンEが過剰に発生した活性酸素を抑制する効果があります。このうようなことからビタミンEを「若返りのビタミン」と呼ばれるようになりました。

マツの実の育毛効果

マツの実に含まれるリノール酸には血行を良くする働きがあります。育毛には血液の流れが非常に重要です。髪の毛は毛根内部にある毛母細胞の細胞分裂の繰り返しによって発育します。

この毛母細胞は毛細血管からの血液の栄養をもらって細胞を組み立てていきます。ここへ流れ込む血液が少ないと正常に髪の毛を育てることができせん。

マツの実に含まれるリノール酸は血液の流れを良くする働きがあります。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加