オランダカラシで健康な頭皮ができ上がる3つの効能

オランダカラシ

オランダカラシはヨーロッパなどの水辺や湿地帯に生育するアブラナ科の植物です。クレソンやクレスとも呼ばれます。

オランダカラシの葉にはワサビのような辛みがあり、クレソンとしてサラダに使われることもあります。

豊富な栄養素から化粧品やスキンケア商品、育毛剤などに含まれています。

オランダカラシ

オランダカラシには薄毛の人には嬉しい発毛促進作用があります。他にも血行促進や皮膚細胞の活性、抗脂漏性などがあります。

ほとんどの効果・効能が育毛、発毛に適した作用であり、オランダカラシの葉や根から摘出した液「オランダカラシエキス」は、育毛剤に配合され、その効果のほどを実証しています。

オランダカラシの育毛効果

血行促進で髪の毛へ栄養を!

髪の毛の成長には血液の循環がとても重要です。髪の毛は頭皮の奥の毛母細胞が細胞分裂を繰り返し生成されていくもので、細胞分裂の栄養となる物質は血液により運ばれてきます。

血液の流れが悪くなってしまうと、正常に髪の毛を作り出すことができなくなってしまい、髪の毛が細くコシがなくなり元気がなくなります。オランダカラシはそうしたことが起きないように血行を促進し頭皮への栄養が運ばれやすくする効果があります。

脂漏性肌を防ぎ頭皮環境を整える

頭皮は乾燥しすぎるのもダメなのですが、脂症はもっとダメです。頭皮の脂の正体は皮膚の組織から分泌される「皮脂」です。

通常の皮脂は頭皮に薄い膜を張り、外部からの攻撃を守ったり、細菌の増殖を防いでいます。しかし、皮脂が過剰に分泌されると頭皮は脂っぽくなり髪の毛もギトギトしてしまいます。

この状態は髪の毛の成長に非常に悪い環境で、余分な皮脂が毛穴に詰まり成長を阻害します。オランダカラシの成分はこういったことが起こらないように皮脂の過剰な分泌を防ぐ効果があります。

抗菌・保湿成分配合

頭皮の環境が悪いと、フケやかゆみがでてしまうことがあります。これは乾燥肌でも脂漏性肌でもおこる現象で、どちらもあまり良い頭皮の状態とはいえません。

オランダカラシの抗菌・保湿作用は頭皮の炎症を抑え、頭皮の保湿を支える効果があります。

オランダカラシのエイジングケア

オランダカラシから抽出されるエキスには肌の血行を良くする働きや、皮膚細胞の活性化を促す効果があります。これは女性のエイジングケア商品やスキンケア商品などに幅広く用いられています。

ビタミンや鉄分を多く含むことからフランスなどでは「健康草」と呼ばれ親しまれています。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加