コラーゲンの元となる「プロリン」の大切な3つの役割

プロリン

プロリンはアミノ酸の一種で体内で生成することができる非必須アミノ酸成分です。

プロリンはコラーゲンを構成する主な物質で化粧品などに使われ、美肌の効果があるといわれています。

プロリンが構成する「コラーゲン」の役割

プロリンはコラーゲンを構成する主なアミノ酸で、コラーゲンは細胞と細胞をつなぐ機能を持っており、人間の体を構成する大切な役割を担っています。

コラーゲンについて少し詳しくみていきましょう!

コラーゲンの役割その①

コラーゲンを間接の間に多く存在し、歩いたり走ったりといった間接運動の力を支え、関節がスムーズに動くように体を支えています。

コラーゲンの役割その②

人の骨はカルシウムで作られていることは知られていますが、実はカルシウムだけではなくコラーゲンも使われています。骨は硬くて折れにくくなっていますが、もしカルシウムだけだと「硬さ」はあるのですが、「しなる」ことができません。

チョークのようにもろくなってしまい折れやすくなってしまいます。そこでコラーゲンの成分が入ることで、硬く、しなりやすくなり「折れにくい」骨ができるのです。

コラーゲンの役割その③

髪の毛の成長にもコラーゲンた活躍しています。髪の毛の成分はタンパク質ですが、頭皮の奥の真皮で髪の毛を支えているのは毛乳頭という髪の毛の根っこです。

その毛根はコラーゲンという潤った土壌に支えられているのです。

プロリンの育毛効果

脂肪を燃焼させメタボ回避

プロリンには脂肪を燃焼させる効果があります。胃の消化吸収を助ける成分に「リパーゼ」は脂肪を分解して、メタボの原因となる皮下脂肪や内臓脂肪を減らす効果があります。

プロリンは「リパーゼ」の働きを促進する効果があると言われています。脂肪燃焼系飲料などにプロリンを含ませることで、運動時の脂肪燃焼の効率が上がるとされています。

メタボや運動不足は育毛には適さない状態で、頭皮への血行を阻害してしまう場合があります。メタボなどの場合、血管が圧迫され体全体の血液の流れが悪くなってしまいます。

髪の毛は頭皮の中に張り巡らされた細い毛細血管からしか栄養をもらうことができません。血行が悪くなってしまうと髪の毛にうまく栄養が行き渡らなくなり毛髪は弱ってしまいます。

そうなってしまってはどんどん頭皮は弱ってしまいます。そういった時に脂肪を燃焼させる「プロリン」のような成分は、メタボなどでの頭皮のダメージを軽減できるでしょう。

まとめ

プロリンを多く含む食品に、豚肉、高野豆腐、マシュマロなどがあります。偏った食生活は健康を害してしまいますが、バランス良くこれらの成分を摂取することで、私たちの体に大切な「コラーゲン」を取り込むことができます。

コラーゲンは肌をキレイにする効果もあるので女性の方の化粧品などに含まれていることもありますね。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加