「知ってますか?」セイヨウキズタの育毛効果と肥満防止効果

セイヨウキズタ

セイヨウキズタはヨーロッパや西アジアに広く生育する植物です。「つる」を伸ばして生えていく植物です。甲子園の外壁に生えていたつると似たような植物です。

セイヨウキズタの効能

セイヨウキズタの成分にはサポニンやフラボノイドなどが含まれており、消炎効果や活性酸素の過剰な発生を抑制する抗酸化作用、血行を促進する効果などがあります。

このほかにも肌荒れや、シミ・そばかす予防など多岐にわたる効果が期待されます。

サポニンの肥満予防

セイヨウキズタに含まれるサポニンには肥満を予防する効果があります。食事で摂取した炭水化物は消化され、ブドウ糖となって送られていくのですが、サポニンはこの過程で脂肪が蓄積されないように作用します。

肥満は摂取したカロリーと消費したカロリーの引き算で決まります。摂取したカロリーが1000Kcalで消費できたカロリーが900Kcalなら100Kcal分が脂肪として蓄積されていくことになります。(脂肪の蓄積の概念として単純に計算していますが、他にもたくさんの要素で脂肪量は決まってきます)

サポニンを摂取することで中性脂肪や血中コレステロール値を下げる効果が期待され、肥満予防になるとされています。

カテキン類

カテキンは主に緑茶に含まれる成分ですが、強い抗酸化作用があります。カテキンはテレビのCM等でも頻繁に耳にする栄養素なので聞いたことがある人は多いと思います。

カテキンには強力な抗酸化作用があります。食品の酸化防止にも使われることがあります。

セイヨウキズタの育毛効果

セイヨウキズタに含まれるサポニンには炎症を抑える効果があります。頭皮には通常、皮脂の薄い膜が張られており外部からの刺激や常在菌の増殖を防いでいます。

「シャンプーをしても頭ニキビや、頭皮の脂が凄いという方はいませんか?」そういう人はしっかり聞いてください!

市販されているシャンプーにはアルコール成分が含まれているものが多いです。アルコール系のシャンプーは安価で洗浄力が強いので、おてごろな価格で売られています。

しかし、その洗浄力の強さから必要な皮脂まで洗い流してしまいます。皮脂まで剥がされてしまった頭皮は外部の刺激にさらされることになり炎症を起こしてしまうことがあります。

サポニンには消炎作用があることから、こういった炎症を抑える効果が期待されます。しかし、根本の原因は使用するシャンプーや頭皮のケアに問題があります。

まずはシャンプーを刺激の弱いものに変えて頭皮ケアをしっかりしてあげてください。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加