「スカルプD」は育毛効果なし!3つの有効成分で毛が生えない理由

スカルプD

凄いですね売れ行き。「スカルプD」みなさんどう思ってスカルプDを買っていくのでしょうか?まさか育毛?!髪の毛が生えてくると思って買ってないですよね?

スカルプDは頭皮をケアするシャンプーなので発毛・育毛成分は全然入ってないですよ!芸人さんとかが必死に育毛チャレンジとかやってるので勘違いされてる人多そうです。

スカルプDは頭皮ケアであって育毛効果はなし!

スカルプDのような頭皮のケアを目的としたシャンプーはたくさんありますが、育毛に特化したシャンプーは聞いたことがないです。

そもそも洗浄と育毛を同時に行うこと自体が不可能ではないでしょうか?

それぞれ必要な成分は違うのにそれを混合してしまえばぐちゃぐちゃになってしまいますよね。

頭皮ケアをしたうえで育毛しましょう!

そうは言っても育毛には頭皮環境を整えることは非常に重要なことです。頭皮の汚れや、毛穴の詰まりを除去して、新しい髪の毛が生えやすい環境を整えることはスムーズな育毛につながります。

そういった面ではスカルプDが持つ「アミノ酸成分」は頭皮に刺激を与えず非常に効果的な役割を果たします。

シャンプーの種類はどんなのがいいの?

もし、市販されているシャンプーのほとんどが「育毛に良くない」と言われたらどう思いますか?

これ本当なんです。

シャンプーには大きく分けて3つの種類に分けることができます。シャンプーの分類は中味の主成分によって特徴は様々なのです。それぞれの特徴をみていきましょう。

  • 石鹸系シャンプー
  • 高級アルコール系シャンプー
  • アミノ酸系シャンプー

石鹸系シャンプー

石鹸シャンプーは昔からある肌にやさしいシャンプーです。小さなお子さんは肌がデリケートなので、子供でも使えるシャンプーとして使用される方が多いです。

デメリットは頭皮の皮脂をごっそり除去してしまう傾向にあります。頭皮には適度な皮脂が残っていないと過剰に反応してしまい、余分な皮脂を分泌して頭皮環境の悪化につながることがあります。

高級アルコール系シャンプー

こちらは主成分がアルコールで作られています。聞いただけで肌に悪そうだなと分かりますよね。そうです強すぎるのです。

しかし、市販されているシャンプーのほとんどがこのアルコール系シャンプーなのです。アルコール系シャンプーは洗浄力が高い分必要な皮脂まで根こそぎ取り除いてしまいます。

頭皮が弱っている方には決しておすすめできるシャンプーではありません。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸とは人の体を構成しているタンパク質の成分です。肌との相性がよく、肌が弱い方、お子さん、アトピーの方にも使いやすい低刺激のシャンプーです。

育毛を目的としてシャンプーを選ぶならアミノ酸を主成分としたシャンプーを選ぶといいです。スカルプDも主成分をアミノ酸で構成されています。

スカルプDその他の成分は?

スカルプDに配合される有効成分にはっきりとした育毛効果があるのか調べてみます。

スカルプDの有効成分

  • グリチルリチン酸K2
  • ピロクトンオラミン
  • サリチル酸

グリチルリチン酸K2

グリチルリチン酸とは漢方としてよく知られる、甘草(カンゾウ)の主成分です。

カンゾウには炎症を抑えたり、抗アレルギーといった効果があり、これはカンゾウに含まれる「グリチルリチン酸」の効能です。

グリチルリチン酸には以上のような成分がありますが、直接的な育毛成分はありません。

ピロクトンオラミン

ピロクトンオラミンはフケやかゆみに効く成分です。その他に抗菌・殺菌の効果があることから汚れた頭皮の殺菌に役立ち環境を整えます。直接的な育毛効果はありません。

サリチル酸

サリチル酸には殺菌、消炎、解熱効果があります。サリチル酸効果で毛穴付近にこびりついた汚れをしっかり除去してくれます。

直接的な育毛効果はありませんが、毛穴の汚れを落とすことで育毛剤などの育毛成分が頭皮の奥まで浸透しやすくなります。

まとめ

スカルプDの宣伝効果のおかげで「スカルプDは生える!」と勘違いされている方が多いです。

スカルプDは育毛をするための前段階として、「頭皮の環境を整える」という重要な役割を担ってはいますが、育毛・発毛効果はありません。

ここを間違って解釈してしまうと、スカルプD使ってるから「いつかは生えてくる」勘違いしてしまいかねないのでご注意ください。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加