ウーマシャンプー浸透力倍増?!馬油を使った最強の頭皮ケア

ウーマシャンプー

頭皮は清潔ですか?髪の毛のセットが面倒くさいと言って暑いのに帽子ばかり被っていませんか?

薄毛や生え際が気になっている20代~40代の人の多くは「頭皮環境」をしっかり整えてあげないと薄毛は加速度的に進行していきますよ!

ウーマシャンプーの有効成分

馬油の消炎作用

「ウーマ」というのはもちろん「馬」からキテます。

馬油は古くから、やけどや肌荒れ、アカギレなどの治療薬として使われてきました。ウーマシャンプーには馬油のなかでも希少といわれる、馬のたてがみの下にある「こうね」という部分の脂肪層が使われています。

この「こうね馬油」には不飽和脂肪酸という成分が通常の馬油より5倍多く含んでいるそうです。

この不飽和脂肪酸は人間の皮膚に非常に近い性質を持っていて、肌に塗ったら素早く浸透していきます。

こうね馬油の浸透力を使って、フケやかゆみで傷んでしまった頭皮の炎症を沈めます。

25種類の生薬(ショウヤク)配合

ウーマシャンプーには25種類もの生薬が配合されています。(生薬とは中国から伝わる漢方を作る原料で、植物や動物の薬効があるものを指します。)

抗菌作用のある「ニンニクエキス」を始め、消炎効果のある「カンゾウ」や、「センブリエキス」、「ニンジンエキス」などたくさんの生薬で頭皮環境を整えます。

ウーマシャンプーの特徴

こうね馬油の強力な浸透力

ウーマシャンプーの特徴といえばなんと言っても「こうね馬油」でしょう。

馬油を手で触ってみるとかなりべっとりしていますが肌に塗るとすぐにサラサラの状態になります。これは馬油の強力な浸透力によるもので、肌に塗った瞬間から皮脂の隙間に浸透していき潤った肌が実感できます。

「こうね馬油」は通常の馬油よりさらに強力な浸透力で汚れた皮脂を取り除いた後の乾いた頭皮に潤いを与えます。

優れた殺菌作用

馬油は頭皮に浸透したあと薄い油膜を張って細胞を保護します。馬油が頭皮内へ浸透していく途中で余分な細菌等を封じこみます。

薄い膜を張ることにより新たな細菌の侵入を防ぐ作用もあるとされています。

血行促進

馬油は頭皮より浸透していき、その刺激により血管が拡張します。血行を良くすることで毛乳頭に栄養が届きやすくなります。

頭皮の表面に馬油の薄い膜が張られるため、優れた保湿効果があります。

まとめ

ウーマシャンプーは他のスカルプシャンプーより、浸透力が非常に高いです。馬油の保湿効果による頭皮の乾燥を防ぐことも、頭皮環境を整えるといった面ではとても優れたシャンプーと言えます。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加