朝シャンが頭皮を傷つけ「薄毛」へ近道!!「髪の成長をとめる」NG行動

朝シャン

朝シャンが頭皮に悪いのは知っていますか?

これにはいくつかの理由があるのですが、ひとつだけハッキリ言えることがあります。

「朝シャンは頭皮に悪いので、ハゲで悩んでる人は明日からは朝シャンをやめましょう!」

夜と朝2回シャンプーする人はハゲやすい

1年を通して髪の毛や頭皮が汚れやすいのは「夏」です。寒い冬に比べると外へ出ることも多く、汗をかきやすいので髪の毛や頭皮に汚れがつきやすく、汗の臭いも気になります。

そこで朝と夜2回シャワーを浴びたり、お風呂へ入ることもあるかと思います。しかし、頭皮を1日2回のシャンプーの刺激にさらすことはよくありません。ハゲやすくなってしまいます。

頭皮は「皮脂」という薄い膜で保護されている

皮脂は細菌感染や汚れなどから頭皮を保護する役割を担っています。皮脂は頭皮の表面に薄い膜を張り、外部からの刺激を最小限に抑えているのです。

市販のシャンプーの洗浄力は非常に高く、主な成分はアルコールでできています。

アルコールを使ったシャンプーの洗浄力は強く、一度のシャンプーで必要な皮脂まで根こそぎ洗い流してくれます。

必要な皮脂まで洗い流されてしまった頭皮は服を着ていない状態です。そのまま外気にさらされることで、無防備に色々な菌と闘うことになってしまいます。

この状態では、汚れや雑菌が毛穴の奥につまりやすく、髪の毛の成長を阻害してしまいます。

「すすぎ」しっかりできてますか?朝の忙しい時間帯では難しいのでは?

朝シャンをする人の大半は仕事へ通勤するや、大学などへ通学する前の忙しい時間帯で朝シャンをしていると思います。

忙しく、時間に追われる通勤前に朝シャンをすると、ついついすすぎが疎かになりがちです。すすぎがしっかりできていないと、シャンプーの成分が頭皮に残ったままになってしまい、毛穴に詰まってしまうことになります。

毛穴に詰まったシャンプーは髪の毛の成長を抑制してしまいます。

朝シャンして髪の毛や頭皮を清潔に保つはずが、育毛にとっては逆効果になってしまうことがあるので注意が必要です。

シャンプーは1日1回夜だけで充分!

髪の毛について悩む人はついつい頭皮や髪の毛を清潔に保ちたいあまり、シャンプーを過剰に使ってしまいがちです。実はそれは少し勘違いで、過剰に頭皮をブラッシングすることは、必要な皮脂まで取り除いてしまい、頭皮を弱らせてしまいます。

1日1回、なるべく夜にシャンプーするだけで1日の汚れはスッキリ落とすことができます。くれぐれも洗いすぎには注意しましょう!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加