<抜け毛対策>お酒が髪の毛に与える超絶悪い影響3選

お酒控える

「禁酒をしましょう!」

よく言われる抜け毛対策ですね。ではなぜ禁酒をすると抜け毛が減るのでしょうか。お酒を飲むことと、ハゲていくことにどんなつながりがあるのか調べてみました。

飲み過ぎが頭皮にもたらす悪影響

お酒を飲み過ぎてしまうことで頭皮に与えてしまう影響は多大のものがあります。お酒は適量を心掛けましょう。

  • 糖分の過剰摂取による血液への影響
  • アルコール分解にはアミノ酸が使われる
  • アセトアルデヒドにより脱毛ホルモンの生成を助長

糖分の取り過ぎで血液ドロドロ

お酒には糖分が大量に含まれています。お酒は通常の水分と違い、一度に大量のお酒を飲んでも豊満感が得られないのです。そのためついつい飲み過ぎてしまいます。

その結果、糖分を過剰に摂取してしまうことになるのです。人は糖分を取りすぎてしまうと、血液にも糖分が流れ出てしまい、血液が水あめのような状態になってしまいます。(血液ドロドロ状態)

こうなってしまっては、一度に送られる血液も少なくなってしまい、体の末端には血液が行き届かなくなってしまいます。

肝臓で行われるアルコール分解

アルコールを分解するためにアミノ酸が利用されてしまいます。アミノ酸はタンパク質の素となる物質で髪の毛の主成分でもあります。

アルコールの分解でアミノ酸を使われてしまうというとは髪の毛の成長に必要なアミノ酸まで送られてこないということです。

アセトアルデヒドの発生は

お酒を飲むことで発生するアセトアルデヒドという物質は人を不快にする悪玉物質です。アセトアルデヒドは脱毛の直接的な原因となる男性ホルモンを誘発させてしまいます。

適量のお酒は体に良い

お酒は適量なら健康にも育毛にも良いです!ただ飲み過ぎが良くないだけなのです。

血行促進

酒を飲むと顔が真っ赤になってしまう人いますよね?そういう人はお酒を飲むことで体中の血管が拡がり、血行が良くなって顔が赤くなるのです。

実は、血液の循環がよくなるということは頭皮にはとってもいいのです。髪の毛の成長は毛細血管からしか栄養をもらうことができないので、血行が良くなるということは、育毛にとっては非常に良いことなのです。

ストレス解消

お酒は普段の等身大の自分より少し大きくなった気持ちになることがあります。これはお酒が脳の神経を刺激して判断能力を鈍らせることでおきる現象です。

適度なお酒を飲むことで得られる「ほろ酔い気分」には人をポジティブな考え方にする傾向があります。普段あまりしゃべらない人が饒舌になるのはこの作用があるからです。

この現象はストレス解消につながり、溜まっていた愚痴が一気に溢れだし心のわだかまりを解放してくれます。

眠気を誘発し質の良い睡眠がとれる

お酒を飲むことで眠たくなるというのは脳の活動が鈍くなってしまうからと考えられています。寝る前にスッキリ心のわだかまりを吐露したら、心のつっかえが取れます。

適度な疲れと、適量のお酒は質の良い睡眠をとることができます。

このようにお酒を飲むこと自体は頭皮にも健康にも非常に良いのです。ただお酒を浴びるように飲んだり、アルコール成分の強いお酒を飲むことが育毛には非常に悪いのです。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加